ホルミシスを中心に、代替療法や伝統医療などを活用し、また西洋医学の良さも生かしながら、健康をつくりましょう!

理事長挨拶

画像の説明

理事長挨拶

 現代社会が高度化・複雑化するとともに、平均寿命が延び超高齢化社会が到来し、また従来では考えられなかった病気が増大しています。同時に、病気とは診断されないが、健康でもない“半健康・半病気” の状態(未病という)の方々が増大しています。

 これらは、現代社会に生きる人々が幸せに暮らすことの大きな妨げであり、病気予備軍の増加は、国家的視点においても医療費の増大による財政の破綻が叫ばれています。

 普段の生活の中では「楽しく」健康を維持し、また万が一病気に襲われたときでも、やはり同じように「楽しく」治癒していくことが望まれています。

 心と体をひとつの有機体と捉えれば、ヒトの健康とは、まさに全体が健全でこそ成り立つと考えられます。それは、西洋医学の良さも生かしながら、代替療法や伝統医療などを安全に活用し、あらゆる角度から病気の治癒や健康をサポートしていくことが現代社会に求められています。

 これらの活動を推進していくためには、医療の現場にいる医師・歯科医師はもとより、研究者、代替療法関係者、セラピスト、そして患者さん自身も含めあらゆる人々が集う必要があります。

 当団体は、以上のような方々の智恵・力を結集し、広く社会に貢献するために活動してまいります。

理事長 根本正男




画像の説明
理事長近影

理事長略歴

1946年

福島県双葉郡生れ。

1995年

実兄のがん発症で看病中に代替療法の書籍に興味を持ち湯治場巡りで全国を視察。

2000年

ラジウム鉱石の調査を全国で開始。

2003年

オーストリア、台湾など海外でラジウム鉱石の調査、採石輸入を開始。

2005年

全国でホルミシス講演を開始。
服部禎男博士、安保徹博士などと講演を行なう。
中国・ヨーロッパ・インドおよび近隣国へラジウム鉱石の調査実施、。

2006年

複数の大学で研究者から指導を受ける。ヨーロッパ視察。

2007年

インド記念式典。ネパール国会訪問。副議長・各大臣面会。
ネパール大臣訪日、文科省・皇居宮内庁共同記者会見同席、伊勢市長面談、ラッキー博士ほかの講演サポート。

2008年

海外の新聞・雑誌に記事連載。オーストリア治療ツアー企画

2009年

一般社団法人国際個別化医療学会 評議員就任。
NPO法人ホリスティックメディカルラボラトリ理事長就任。

 
その他の役職
一般社団法人国際個別化医療学会 評議員



画像の説明
ラッキー博士と。

   

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional